水美舞斗の本名と年齢は?



水美舞斗さんは歌(伸びやか、安心感)とダンス(恰好いい、表情がある、スタイルが良い、シャープ、キレキレ、綺麗)と芝居(表現力豊か、悪顔、目力が半端ない、アドリブ、宝塚らしい)の三拍子揃った、

かっこいい(端正、キザり、華やか、男前、彫り深い、凛々しい、可愛い、キラキラ、イケメン、笑顔、筋肉質、ダイナマイト、美しい、色気、気品、風格、オーラ、ウインクでイチコロ)、

宝塚の筋肉番長です。

芸名の由来は、踊りが好きな事です。

「水」は好きな色が水色です。

「舞」は好きな踊りと同じ意味がある漢字です。

「水」「美」「舞」「斗」はタカラジェンヌに多い漢字です。

名付け親は家族です。

愛称の由来は、

「マイティー」は同期に愛称を聞かれた時に「舞斗」から「舞台で美しく舞えるように」という意味で名付けられました。

「みなみ」は本名と芸名からきています。

水美舞斗さんのプロフィール

芸名:水美舞斗(みなみ まいと)

本名:

生年月日:6月28日

年齢:

身長:169cm→170㎝

血液型:O型

出身地:大阪府寝屋川市

出身校:大阪国際大和田中学

祖母:彩吹真央の知人

ペット:犬

期:95期生

趣味:愛犬と遊ぶ事、映画鑑賞、音楽鑑賞、ショッピング、旅行、ドライブ

特技:

【好き】

集めている品:アクセサリー(ベルト、ネックレス)、鞄

花:バラ、桜

色:オレンジ色、赤、白、黒、水色(スカイブルー)

食べ物:手料理(母親)、米、果物、アイスクリーム、麺類、野菜炒め

飲み物:

役:今迄に演じた全ての役、「カナリア」のウカ、「エリザベート」新人公演のルイジ・ルキーニ、「オーシャンズ11」新人公演のラスティー・ライアン、「スターダム」のネイサン・マクブライト、感情を踊りで表現できる役、一人の人生を死ぬまで演じる役、言葉ではない部分を感情で表現するような役

その他:タオルケット(無地、小さい頃はピカチュウ柄)、「エリザベート」、ダンス

エピソード

宝塚歌劇団を目指すようになったきっかけは、祖母が宝塚ファンなので幼少の頃から宝塚歌劇を観劇をしていて、ショーとバレエが好きなので「一日中踊っていられる」と思ったからです。

筋トレしなくても筋肉番長に就任しました

体育会系なので、公演中の腕相撲大会では蘭寿とむさんを抑えて1位になり、花組で敵なしになりました。

芸名に「舞」の字があるぐらいにダンスが得意なので、エリザベートの最後のダンスの振り付けを30分で覚えてしまいました。

一番好きで得意なのはダンスですが、観客に早く心を伝えるために歌のレッスンに励んでいます。

明日海りおさんには「言葉一つにも芝居のつながりを意識して。語尾はしっかりと」「ライトをカリスタの太陽だと思って」とアドバイスされました。

来歴

・幼少時代

宝塚歌劇を初観劇しました。

3歳からクラシックバレエを習っていました。

・学生時代

小学5年生から「宝塚コドモアテネ」に通っていました。

・2007年

宝塚受験に合格しました。

宝塚音楽学校に入学しました。

・2009年

宝塚音楽学校を卒業しました。

95期生として宝塚歌劇団に入団しました。

宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは・・・」が初舞台公演になりました。

花組に配属されました。

・2014年

「ラスト・タイクーン」の新人公演でパット・ブレーディ役に選ばれました。

「エリザベート」で初女役の黒天使マデレーネ役と新人公演のルイジ・ルキーニ役に選ばれました。

・2015年

「カリスタの海に抱かれて」の新人公演で初主演に選ばれました。

「スターダム」でネイサン役に選ばれました。

「宝塚100周年記念モニュメント」の除幕式に出演し、「すみれの花咲く頃」を合唱しました。

・2016年

新人公演を卒業したので、時間ができた分も歌のレッスンに通うようになりました。

「ME AND MY GIRL」の役替わり公演でジェラルド・ボリングボーク役に選ばれました。

「アイラブアインシュタイン」でトーマス役に選ばれました。





『水美舞斗の本名と年齢は?』へのコメント

  1. 名前:ローズモンド夫人 投稿日:2013/12/03(火) 15:26:34 ID:ea17a63ba 返信

    マイティのお名前の由来を教えてくれて

    ありがとうございました。

    ローズモンド